【2020年】ゲーミングキーボードの選び方!これを使えば確実に上達する!!

ゲーム

▪︎はじめに

本記事では、ゲーム用キーボード選びに悩んでいる初心者や、上級者に向けた
おすすめのキーボードを紹介していきます。

▪︎初心者向け

NPET K10

値段が破格の2000円で気軽に買えるにもかかわらず、二年間保証がついてるキーボードとなっています!!
LEDも七色に対応していて暗くてもキーが確認できます。
耐久性も悪くなくコスパはかなり良いと思います!

【26キーロールオーバー】26キーを同時に押せでも、意図したとおりのキー入力が可能です。

【LEDバックライト】赤、橙、黄、緑、青、藍、紫という七種のLEDバックライトであるが、3種固定的のバックライトモードと呼吸モードがあります。バックライトを消してもOKです。光度調整可能です。

【人間工学な設計とゴムパッド】マット仕上げの質感であり、キーの上の文字も色褪せません。キーボードの下部にゴムパッド構造があって、ゲームを遊んでいるときに離れて移動を避けることができます。防撥水性能も強いです。

【耐用性】6000万回以上のクリックが可能です。

amazonの商品ページより

Razer Cynosa Chroma 

有名ゲームデバイスメーカのRazerの製品です!

独自の特殊なメンブレンキーを使用しており、スイッチのようなカチッという独特の打鍵感が楽しめます。
バックライトは1,680万色に対応し、専用のソフトフェアで光り方やマクロなど細かい設定が可能となっていますので、自分好みにカスタマイズができます!

ソフトな打鍵感のゲーミンググレード キースイッチ(メンブレン)採用

109 キーそれぞれを個別の色で発光できるRazer Chroma バックライト機能搭載

スピル・レジスタンス構造による高い耐久性

10 キー同時押し(10 キーロールオーバー)も可能なアンチゴースト対応キーボード

amazonの商品ページより

Logicool G213

こちらも有名ゲーミングデバイスメーカのLogicoolのキーボードです!

こちらも1,680万色対応のLEDが搭載されており、Logicoolの専用ソフトウェアで光り方をカスタマイズすることができます。
テンキー上部には専用のメディアコントロールボタンと音量調節ボタンが設置されているので、ゲーム中でも音楽の操作が可能です。

■耐久性、精確性、耐水性を特徴とするG213。そのスリムなボディは様々なプレイ方法を考慮した設計。パフォーマンス調整済みのキーを搭載し、最高の打鍵感とゲーミンググレードのパフォーマンスを提供。

■非常に素早く、高いレスポンスを目指してチューニングされたキーにより、一般的なキーボードのキーと比較して最大4倍の入力スピードを実現。

■一方、アンチゴースティング ゲーミング マトリックスによって、複数のキーを同時に押した際も、意図したとおりのキー入力が可能。

■カスタマイズ可能なRGBライティングで、好みに合わせて自由に設定。またはメディアコントロールで、音楽やビデオの再生、一時停止、ミュート操作が可能。G213は、ゲームプレイと生産性を両立した、フルサイズ キーボード。

amazonの商品ページより

▪︎上級者向け

SteelSeries APEX PRO

このキーボードは値段は高いですが、最高のキーボードだと思います!!

APEX PROの最大の特徴は0.7msの世界最速の反応速度を誇る磁気センサーを搭載している点でしょう。そしてキーの反応する深さを0.4~3.6mmの間で10段階調整が可能で自分に合ったカスタマイズが可能です。
しかも、物理的な接点がないので一億回以上のキー耐久力があり、キーボードのフレームには航空機用アルミニウムを採用しているので耐久力は十分でしょう。

OLEDディスプレイが搭載されておりDiscord、スポティファイ といったアプリや、CS:GO、Dota2といったゲームからの通知を確認することができます。

クリック可能なメタルローラーやメディアキーを使用すると、オンザフライで音量や設定を調整できます。ボタンにタッチするだけで、明るさを変更したり、巻き戻し、スキップ、一時停止などを行ったりすることができます。

テンキーレスモデルもあるので机の上が狭い方でもおすすめだと思います!

新開発の磁気ホール効果センサーを使用した「OmniPoint」スイッチ

アクチュエーションポイントを0.4mm-3.6mm の間で調整可能

設定やアプリをコントロールできる有機EL ディスプレイとメタルローラー

航空宇宙産業で使用されるアルミ製の筐体による滑らかで美しいデザイン

国内正規品株式会社ゲート保証1年間

amazonの商品ページより

Logicool G PRO X

LogicoolのG PROシリーズで、値段を抑えつつキースイッチを自由に取付変えれるのがこのキーボードの最大の特徴です。GX RED,GX BLUE,GX BROWN3種類のキースイッチがあるのでカスタマイズ性が高く、よく使うキーは軽めのスイッチにし、あまり押さないキーは重めのスイッチにしたり、カスタマイズすることで自分がプレイしやすくすることができます。

【Logicool G PRO X ゲーミングキーボード】人気の初代G PROゲーミングキーボード G-PKB-001の2年ぶり後継新作G PRO X ゲーミングキーボード G-PKB-002は初代のテンキーレスコンパクトデザインを継承しつつ、斬新的なコンセプト「リニア・クリッキー・タクタイル3種のスイッチを自由に付け替えられる」を実現しました。

【3種のGXスイッチ】心地よいカタカタ打鍵感のクリッキースイッチ、静かなタイピングのリニアスイッチ、打鍵感と静音のバランスの取れたタクタイルスイッチは好みに自由に変えられるので、どんなゲームやプレイ環境にも対応できるゲーミングキーボードです。

【初代より更なるグレードアップ】キー印字は初代の真ん中から上に変更したことで、タイピング時の視認性が一段向上し、よりスマートな見栄えになります。GXスイッチを採用することでLIGHTSYNC RGBの光りは初代より鮮明で綺麗です。

【テンキーレスコンパクト設計】限られたデスクスペースでゲーミングマウスを大きく動かせるためのテンキーレス設計は多くのプロ選手に愛用されているデザインです。

amazonの商品ページより

Razer Huntsman

キースイッチが金属接点ではなく、光学式のキーを採用しており驚異の一億回クリックの耐久性があります。そして、光学式なので反応速度も0.002秒という速さで出力されます。LEDは1,680万色に対応しておりRazerのソフトウェアで光り方がカスタマイズでき、変更はキーボード本体に保存することも可能で、クラウドに保存することもできます。

キー押下圧 45 g の Razer クリッキー オプティカルスイッチ / 最大 1 億キーストロークの耐久性

1,680万色のカラーオプションでカスタマイズ可能な Chroma バックライト

ハイブリッド内蔵ストレージ – 最大 5 つのプロファイル

Razer Synapse 3 対応

10 キー ロールオーバーおよびアンチゴースト機能

ゲーミングモードオプション / 編組ファイバーケーブル

1000 Hz ウルトラポーリング / 高品質アルミ製マット仕上げトッププレート

amazonの商品ページより

▪︎まとめ

今回は初心者向け・上級者向けに3つずつキーボードを紹介しましたが、初心者の方でも上級者のキーボードを購入しても大丈夫です。紹介した性能をしっかりみて、自分に必要なキーボードを選ぶことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました